XMTradingマイクロ口座の本音レビュー。スタンダード口座との違いとは?

XMTradingの口座「マイクロ口座」を徹底的に比較分析しました。XMTradingマイクロ口座の特徴、他の口座との違い、メリットデメリット、活用法からおすすめの方、使っている方の本音レビューまで、上から下まで読んでいただければ、XMTradingのマイクロ口座のことが完璧に把握できます。

XMTradingマイクロ口座比較

XMTradingのマイクロ口座と他の口座を比較しました。

口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.50
スプレッド種類変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.501.500.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.601.600.10
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.501.501.00
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.601.601.10
最大レバレッジ888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
888倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
ロット数1ロット=1,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨
最小取引サイズ0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最低取引通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額500円相当500円相当1万円相当
ロスカットレベル証拠金維持率20%以下20%以下20%以下
マージンコール証拠金維持率50%以下50%以下50%以下
取引システムMT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
MT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
MT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
スマホ対応○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)
システムトレード○MT4/MT5○MT4/MT5○MT4/MT5
ソーシャルトレード
コピートレード
---
無料VPS
5000ドル以上&月5ロット取引で無料

5000ドル以上&月5ロット取引で無料

5000ドル以上&月5ロット取引で無料
通貨ペア数57通貨ペア57通貨ペア56通貨ペア
口座通貨USD,EUR,JPYUSD,EUR,JPYUSD,EUR,JPY

マイクロ口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingマイクロ口座の特徴

1.1ロット = 1,000の設定

一般的に海外FX業者の利用する1ロットのサイズ(コントラクトサイズ)は

  • 1ロット = 100,000通貨

です。

MT4では、0.01ロット単位でトレードできるため

  • 0.01ロット = 100,000通貨 × 0.01 = 1,000通貨

ですので、最低1,000通貨からトレードできるということになります。

XMTradingのマイクロ口座では

  • 1ロット = 1,000通貨

です。これはマイクロロットと呼ばれることもある通貨設定です。

MT4では、0.01ロット単位でトレードできるため

  • 0.01ロット = 1,000通貨 × 0.01 = 10通貨

ですので、最低10通貨からトレードできるということになります。

MT5では、0.01ロット単位でトレードできるため

  • 0.01ロット = 1,000通貨 × 0.1 = 100通貨

ですので、最低100通貨からトレードできるということになります。

2.ボーナスの対象

XMTradingでは

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • ポイントプログラム

を展開していますが

マイクロ口座は、XMTradingのすべてのボーナスが対象

となります。

ボーナスを利用する場合に、マイクロ口座を選んでおけば、ボーナスは問題なく利用できるということになります。

XMTradingマイクロ口座のスタンダード口座との違い

取引量の違い

比較項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
コントラクトサイズ1ロット = 1,000通貨1ロット = 100,000通貨1ロット = 100,000通貨
最少取引サイズMT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット0.01ロット
最低取引量10通貨1,000通貨1,000通貨

マイクロ口座の方が少ない取引量でトレードすることができます。

最大ロット数の違い

比較項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
最大ロット数100ロット50ロット50ロット
最大取引量100,000通貨5,000,000通貨5,000,000通貨

マイクロ口座の方が最大ロット数は大きいのですが、1ロットの設定が小さいため、最大取引量は10万通貨分しかありません。

ボーナスの違い

比較項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
ボーナス×

マイクロ口座、スタンダード口座はボーナス対応です。ゼロ口座のみボーナスには対応していません。

マイクロ口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingマイクロ口座のメリットデメリット

メリット

1.小銭でトレードできる

XMTradingのマイクロ口座では

  • 最低入金額:5ドル
  • 最低取引量:10通貨(1ロット=1,000通貨で0.01ロット)

でトレードすることができます。

ワンコインで口座開設してトレードすることができ

10通貨でのトレードということは

  • 10,000通貨 → 1pips = 100円
  • 1,000通貨 → 1pips = 10円
  • 100通貨 → 1pips = 1円
  • 10通貨 → 1pips = 0.1円

ですから

  • 10pipsの勝ち → 1円の儲け
  • 10pipsの負け → 1円の損失

というトレードになります。

つまり、数円、数十円しか損益が動かないレベルでトレードできるということです。

「大きく儲けたい」というわけではなく

「FXトレード」でゲームのように楽しみたいと言う方にも良いですし、
儲ける前にトレードスキルを上げたいけど、デモ口座ではやる気がでないと言う方にも有効です。

ほぼ、損益を動かさずにトレードできるメリットがあります。

2.口座開設ボーナスの対象

XMTradingでは、口座開設ボーナスが3,000円分あります。

前述した通りで、10通貨でのトレードであれば、3,000円分を使い切る方が難しく、ほぼ永遠にトレードし続けることができます。

マイクロ口座は、口座開設ボーナスや入金ボーナスの対象ですので、ボーナスを活かしたトレードも可能になります。

デメリット

1.大きく稼ぐには不向き

マイクロ口座の場合は

  • 1ロット=1,000通貨
  • 最大ロット数:100ロット(=100,000通貨)

ですから、100ロットのトレードをしても、100,000通貨が限度です。

100,000通貨あれば十分という方もいますが、毎回、100ロットの注文を出すのも億劫ですから、それならスタンダード口座の1ロットのトレードをした方が管理はしやすいのです。

マイクロ口座は、あくまでも、初心者・少額資金での投資家向けの口座であって、大きく稼ごうと考える投資家には不向きの口座となります。

マイクロ口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingマイクロ口座の活用方法

練習用に使う口座として最適

マイクロ口座は

  • 実際にお金がかかっているが、損益は、数円、数十円、数百円単位と少額
  • 口座開設ボーナスも利用できる

という特徴があります。

  • 海外FX業者になれる
  • 海外FX業者のボーナスになれる
  • トレード手法が見つからない方が、いろんなトレード手法をテストする

のに向いています。

デモ口座でも、同じ事はできますが

  • デモ口座は、リアル口座とサーバー環境や利用している投資家の数が違うため、厳密にいうと、テストにならない
  • デモ口座は、1円もお金にならないため、真剣さがでてこないため、リアル口座で同じようなトレードができなくなる可能性がある

というデメリットもあるため、

リアル口座でかつ少額の損益に抑えられるマイクロ口座は、練習・お試し用におすすめできるのです。

マイクロ口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingマイクロ口座がおすすめの方

XMTradingマイクロ口座がおすすめの方は

  1. はじめて海外FXトレードをする方
  2. FX初心者
  3. 少額資金でトレードする投資家(数百円~数千円)

です。

1.はじめて海外FXトレードをする方

はじめて海外FXトレードをする方は

  • 海外FXトレードに慣れる
  • 海外FX業者に慣れる

必要があります。

「慣れる」ためには実際にやってみることが重要ですが、デモ口座では、入金・出金・マイページなどの機能がわかりませんし、リアル口座とのトレード環境も異なり、実際のスプレッドや約定力を体感することはできます。

しかし、「お試し」の状態で高額な資金を投資するのはおすすめしませんので、少額の数百円~数千円でトレードできるマイクロ口座は「お試し」にちょうど良いのです。

2.FX初心者

FXトレードの初心者の方には、いきなり大金を投資することはおすすめしません。これは、海外FXでも、国内FXでも、同じです。

少額資金でトレードして、安定して資金が増やせるようになったら、投資資金を増やせば良いのです。

トレードを練習するためには、実際のリアル口座で少額でトレードできるマイクロ口座はうってつけなのです。

3.少額資金でトレードする投資家(数百円~数千円)

マイクロ口座は

  • 最低500円の入金
  • 10通貨からトレード可能(1pipの利益0.1円)

でトレード出来ます。

10通貨でトレードしていれば、1カ月100回トレードしても、数十円の値動きしかありません。10通貨、100通貨、1,000通貨でトレードできるマイクロ口座は、少額投資家に最適なのです。

マイクロ口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingマイクロ口座の評判

良い評判

良い評判まとめ

  • マイクロ口座はテストしやすい
  • ボーナスを活用しやすい
  • EAを試しやすい
  • 練習して勝ちパターンを身に着けられる
  • ゴールドでのトレードがおすすめ
  • メインの口座とは別でテスト用に運用している
  • マイクロ口座でもロイヤリティステータスは貯まる

悪い評判

悪い評判まとめ

  • ゼロ口座に移行するとボーナスがなくなる
  • トレードしていたことを忘れがち

マイクロ口座を開設する前にXM評判を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です