XMTradingスタンダード口座の本音レビュー。ゼロ口座との違いとは?

XMTradingの口座「スタンダード口座」を徹底的に比較分析しました。XMTradingスタンダード口座の特徴、他の口座との違い、メリットデメリット、活用法からおすすめの方、使っている方の本音レビューまで、上から下まで読んでいただければ、XMTradingのスタンダード口座のことが完璧に把握できます。

XMTradingスタンダード口座比較

XMTradingのスタンダード口座と他の口座を比較しました。

口座の種類マイクロ口座/STPスタンダード口座/STPゼロ口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料無料5ドル
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.50
スプレッド種類変動変動変動
最小スプレッド
米ドル/円
1.501.500.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.601.600.10
トレードコスト合計(最小)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(最小)
1.501.501.00
トレードコスト合計(平均)
米ドル/円
取引手数料(往復)
+スプレッド(平均)
1.601.601.10
最大レバレッジ1000倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
1000倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
500倍(~2万ドル)
200倍(2万ドル~)
100倍(10万ドル~)
ロット数1ロット=1,000通貨1ロット=100,000通貨1ロット=100,000通貨
最小取引サイズ0.01ロット0.01ロット0.01ロット
最低取引通貨10通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額500円相当500円相当1万円相当
ロスカットレベル証拠金維持率20%以下20%以下20%以下
マージンコール証拠金維持率50%以下50%以下50%以下
取引システムMT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
MT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
MT4
MT4ウェブトレーダー
MT5
MT5ウェブトレーダー
スマホ対応○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)○MT4/MT5(iphone/android/タブレット)
システムトレード○MT4/MT5○MT4/MT5○MT4/MT5
ソーシャルトレード
コピートレード
---
無料VPS
1000ドル以上&月5ロット取引で無料

1000ドル以上&月5ロット取引で無料

1000ドル以上&月5ロット取引で無料
通貨ペア数57通貨ペア57通貨ペア56通貨ペア
口座通貨USD,EUR,JPYUSD,EUR,JPYUSD,EUR,JPY

スタンダード口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingスタンダード口座の特徴

1.1ロット = 100,000の設定

一般的に海外FX業者の利用する1ロットのサイズ(コントラクトサイズ)は

  • 1ロット = 100,000通貨

です。

MT4では、0.01ロット単位でトレードできるため

  • 0.01ロット = 100,000通貨 × 0.01 = 1,000通貨

ですので、最低1,000通貨からトレードできるということになります。

XMTradingのスタンダード口座では、通常通りの

  • 1ロット = 100,000通貨
  • 0.01ロット = 100,000通貨 × 0.01 = 1,000通貨

でトレードできます。最低取引量は、1,000通貨となります。これは、MT4、MT5とも同じ設定です。

2.ボーナスの対象

XMTradingでは

  • 口座開設ボーナス
  • 入金ボーナス
  • ポイントプログラム

を展開していますが

スタンダード口座は、XMTradingのすべてのボーナスが対象

となります。

ボーナスを利用する場合に、スタンダード口座を選んでおけば、ボーナスは問題なく利用できるということになります。

XMTradingスタンダード口座のマイクロ口座・ゼロ口座との違い

取引量の違い

比較項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
コントラクトサイズ1ロット = 1,000通貨1ロット = 100,000通貨1ロット = 100,000通貨
最少取引サイズMT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット0.01ロット
最低取引量10通貨1,000通貨1,000通貨

スタンダード口座の方が一般的な取引量でトレードすることができます。

最大ロット数の違い

比較項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
最大ロット数100ロット50ロット50ロット
最大取引量100,000通貨5,000,000通貨5,000,000通貨

スタンダード口座の方が最大ロット数は小さいのですが、1ロットの設定が大きいため、最大取引量は500万通貨分にもなります。

ボーナスの違い

比較項目マイクロ口座スタンダード口座ゼロ口座
ボーナス×

スタンダード口座、スタンダード口座はボーナス対応です。ゼロ口座のみボーナスには対応していません。

スタンダード口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingスタンダード口座のメリットデメリット

メリット

1.小銭でトレードできる

XMTradingのスタンダード口座では

  • 最低入金額:5ドル
  • 最低取引量:1,000通貨(1ロット=100,000通貨で0.01ロット)

でトレードすることができます。

ワンコインで口座開設してトレードすることができ

1,000通貨でのトレードということは

  • 10,000通貨 → 1pips = 100円
  • 1,000通貨 → 1pips = 10円
  • 100通貨 → 1pips = 1円
  • 10通貨 → 1pips = 0.1円

ですから

  • 10pipsの勝ち → 100円の儲け
  • 10pipsの負け → 100円の損失

というトレードになります。

つまり、数円、数十円しか損益が動かないレベルでトレードできるということです。

「大きく儲けたい」というわけではなく

「FXトレード」でゲームのように楽しみたいと言う方にも良いですし、
儲ける前にトレードスキルを上げたいけど、デモ口座ではやる気がでないと言う方にも有効です。

ほぼ、損益を動かさずにトレードできるメリットがあります。

2.口座開設ボーナスの対象

XMTradingでは、口座開設ボーナスが3,000円分あります。

前述した通りで、10通貨でのトレードであれば、3,000円分を使い切る方が難しく、ほぼ永遠にトレードし続けることができます。

スタンダード口座は、口座開設ボーナスや入金ボーナスの対象ですので、ボーナスを活かしたトレードも可能になります。

3.少額のトレードも、高額のトレードも可能

XMTradingのスタンダード口座では

  • 1ロット = 100,000通貨

  • 最低:0.01ロット = 1,000通貨
  • 最高:50ロット = 5,000,000通貨

の幅でトレードすることができます。

少額投資家でも、大口投資家でも、1,000通貨~5,000,000通貨の幅があれば、誰に合わせることも可能です。

少額なトレードから、大口のトレードまでカバーすることができます。

4.最大レバレッジが1,000倍

スタンダード口座の最大レバレッジは1,000倍です。

  • 5ドル~2万ドル:最大1,000倍
  • 2万1ドル~10万ドル:最大200倍
  • 10万1ドル~:最大100倍

という設定になっています。

口座別にレバレッジを比較すると

  • マイクロ口座:最大1,000倍
  • スタンダード口座:最大1,000倍
  • ゼロ口座:最大500倍

ですので

スタンダード口座は、ゼロ口座と比較すると、高いレバレッジ(最大1,000倍)でトレードできるメリットがあります。

デメリット

1.ゼロ口座と比較すると、スプレッドが広い

スプレッドは

  • スタンダード口座:スプレッドが広い、取引手数料:無料
  • ゼロ口座:スプレッドが狭い、取引手数料:有料

という設定になっています。

スプレッドだけ見れば

平均スプレッド派

  • スタンダード口座:1.5pips
  • ゼロ口座:0.1pips(取引手数料5ドル:1.0pips相当)

ですから、ゼロ口座の方が取引手数料分を含めても、平均スプレッドが狭いことになります。

スタンダード口座は、ゼロ口座と比較して、スプレッドが広い、トレードコストが高いことが最大のデメリットと言えます。

スタンダード口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingスタンダード口座の活用方法

初心者・中級者向けのメイン口座として最適

スタンダード口座は

  • 1000通貨から5,000,000通貨まで幅広くトレードできる
  • 取引手数料無料でスプレッドのみのコスト
  • ボーナスはすべて利用できる

という特徴があります。

  • 少額投資家から大口投資家までカバーしている
  • ボーナスを使う
  • 信頼できる海外FX業者のXMTradingのメイン口座として保持しておく

のに向いています。

  • マイクロ口座では、大口のトレードができず、ロットがマイクロロットなのでトレードもしにくい
  • ゼロ口座では、取引手数料が発生し、最大レバレッジも500倍までに抑えられてしまう

というデメリットがあります。

一般的な投資家(初心者、中級者)には、スタンダード口座がおすすめです。また、XMTradingは、海外FX業者の老舗であり、一番多くの日本人投資家が利用している海外FX業者でもあります。多くの海外FX業者の基準となる業者ですので、そこでメイン口座を持っておくと、海外FX業者の動向を抑えるという意味も出てきます。

迷ったら、スタンダード口座を開設すると良いでしょう。

スタンダード口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingスタンダード口座がおすすめの方

XMTradingスタンダード口座がおすすめの方は

マイクロ口座・ゼロ口座をおすすめする方に該当しない方すべて

となります。

マイクロ口座がおすすめの方は

  • はじめて海外FXトレードをする方
  • FX初心者
  • 少額資金でトレードする投資家(数百円~数千円)

ゼロ口座がおすすめの方は

  • 少しでもトレードコストを抑えたい方
  • レバレッジが最大500倍と他の口座(最大1,000倍)よりも低くても構わない方
  • ある程度の資金がある方
  • ボーナスは不要な方

です。

つまり、上記に該当しない

  • 海外FXがはじめてではない方
  • 平均的な資金力のある方
  • レバレッジは最大1,000倍でトレードしたい方
  • ボーナスを利用したい方

は、スタンダード口座がおすすめということになります。

1.海外FXがはじめてではない方

海外FXがはじめてでなければ、あえて10通貨からトレードできるマイクロ口座を持つ必要性はありません。

マイクロ口座では、1ロットが1,000通貨、最大注文数は、100ロット(10万通貨)ですので、大きなトレードができなくなってしまいます。

2.平均的な資金力のある方

スタンダード口座であれば、1,000通貨からトレードをすることができます。

投資資金が1万円以上ある方であれば、1,000通貨からトレードできるスタンダード口座でも、十分にトレードが可能になります。

3.レバレッジは最大1,000倍でトレードしたい方

ゼロ口座の場合、最大レバレッジは、500倍に制限されてしまいます。

レバレッジ:最大1,000倍でトレードしたい方は、スタンダード口座がおすすめです。

4.ボーナスを利用したい方

ゼロ口座の場合、一部のボーナス(入金ボーナスなど)が適用されません。

入金ボーナスを利用してトレードしたい方は、スタンダード口座がおすすめです。

スタンダード口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingスタンダード口座の評判

良い評判

良い評判まとめ

  • 取引手数料がない
  • 約定力が高い
  • ボーナスが使える
  • マイクロ口座のステップアップ口座として使える
  • ゼロ口座より操作エラーが起きない
  • 色々使った上で行きついたのがXMのスタンダード口座
  • EA自動売買ができる
  • ゼロ口座は一定期間トレードがないと使えなくなる

悪い評判

悪い評判まとめ

  • 同じ通貨でマイクロ口座とスタンダード口座は取引できない

スタンダード口座を開設する前にXM評判を見る

XMTradingスタンダード口座のよくある質問

Q.XMTradingスタンダード口座で1ロット、最小ロットはいくらですか?

スタンダード口座は

  • 1ロット = 100,000通貨

です。

  • 0.01ロット(1,000通貨)

からトレードが可能です。

Q.XMTradingスタンダード口座からマイクロ口座、ゼロ口座へ変更はできますか?

MTradingでは、口座タイプの変更はできません。

ただし、マイページから希望の口座タイプで追加口座の開設が可能です。

一人につき最大8口座の取引口座を開設可能ですので、複数の口座タイプの口座を同時に保有することで解決します。

Q.XMTradingスタンダード口座で両建ては可能ですか?

可能です。

Q.XMTradingスタンダード口座でスキャルピングは可能ですか?

可能です。

Q.XMTradingスタンダード口座はボーナスの対象ですか?

はい。すべてのボーナスの対象となります。

スタンダード口座を開設する前にXM評判を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。